内視鏡のスペシャリストによる最高の検査と治療を

胃がんについて

昨今の胃がん事情

日本ではかつて胃癌は死亡原因の一角を大きく占めていました。 現在では大腸癌・肺癌の割合が増加してきています。

胃癌の減少の要因としては集団検診システムが導入されたこと、
診断技術の画期的な進歩により、早期発見が可能になったこと、
ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療が広まったことなどが
考えられます。

しかしもっと治癒率を上げるため私達は日々努力しています。
すべての癌に云えることは早期発見、早期治療です。
少しでも胃の調子が悪ければ、漫然と胃薬の服用を続けず、必ず医師にご相談下さい。

又、年に一度は住民検診やドックで胃の検査を受ける様にしましょう。
胃癌は早期胃癌と進行胃癌とに分かれます。

自覚症状

無症状のことが多く、早期胃癌では痛み・違和感・吐き気などの
不定愁訴で偶然発見されることもしばしばあります。

また進行してくると体重減少、貧血、皮膚のはりやつやが無くなり
一見して病的な状態となります。胃の検査法としてはご存知の様に
胃透視撮影法と内視鏡検査とがあります。

特に内視鏡検査の近年における進歩にはすばらしいものがあり、
検査だけではなく内視鏡によって手術さえも行える時代になりました。
内視鏡自体もますます細く高性能になり、昔云われていた様な苦痛も少なくなってきています。

食欲がなくなったり、ムカムカして吐いたりする方/体重が減少し、体がだるい方/血を吐いたり便に血が混じったりする方/へその上や、時には腰が痛む方/仰向けに寝て全身の力を抜き、そっとへその周囲を触ってみると硬いシコリを触れる方

上記で1つでもチェックがついた方は、内視鏡検査をおすすめします。